Bacchus M-STANDARD

2012年ももう数時間でさようならです。。
ここ数年本当に濃い時間を過ごしていまして、一年が終わるのがどうも重い。
一年間蓄積した重量が半端ないので、僕の頭は文字同り頭を垂れながらの年越しとなりそうです。

そんな僕に新しい仲間がやってきました!
僕を救ってくれる仲間です。

Bacchus M-Standard

FenderのDuo-sonicの様なギターです。
(画像はバッカスさんのホームページから)

この子は某中古ショップにジャンク品で売っていまして。
僕が引き取って綺麗にお手入れして使えるようにしました。

知人のリペアマンの方が、自慢げに見せてきたギターに触発されまして、
ムスタングタイプのギターを探してて偶然見つけたのです。
そのリペアマンのギターはと言うと、Classic Vibe Duo-Sonic ’50sというギターです。

定価5万ほどの比較的安価なギターですが、初期のスクワイヤーは作りがいいらしく
その方のギターもネックはバリバリの虎目!ネックポケットの精度も抜群!
当たりの中の当たり!といった感じでした。

しかも、パーツやアッセン系は全て最高級に交換。
ピックアップは70年代のギブソンミニハムに交換。

これがたまらないギターなわけですよ!!弾かせてもらったのですがそのまま持って帰りたくなった!笑)
これ全部自分でできるんだから羨ましいよなー。。。

といっても僕のギターも負けてはいませんよ!
もともとは改造無しでも最高級品レベル!
ジャンク品と言っても基本は良い作りなので、配線や細かいパーツだけ変えて問題なし!
やはりバッカスのギターは良いですね!!

音は高級なチープな音と言う感じ!って凄く分かりづらいと思うけど、本当にそんな音!
この手のギターはポプラやバスウッドがボディーに使われていますが、このギターはアッシュ!
トレブリーな音色の中にも張り艶があってなんともトラッドな音。
おもわずブルースやファンクなんかを弾きたくなります。

ネックの感触もペタペタしてなくスムーズだし、なんと言っても軽い!!
先日仕事に持って行ったのですが、いつものストラトや箱ギターと比べてまるで重さを感じない!
こりゃ楽だわ☆

ネックがショートスケールで慣れるまで時間かかるけど、それ以外は文句無しのギターですね。

こいつをメインにして行こうかな。。。
実際は無理だけど、そう思わせてくれる可愛い仲間です。

以下メーカーサイトから

製品紹介
ライトアッシュの2ピースボディに2シングルPU。非常にシンプルかつ取り回し良さが魅力のM-STANDARDです。
サウンドの軸はオリジナルの3wayブリッジ、そしてショートスケールです。小気味よく暴れる音色はディストーションでもぴったりです。

そしてBACCHUS HANDMADE Series独自のオイルフィニッシュを中心にバリエーション豊かなカラーラインナップ。使い込む事で得られる退色や馴染む感覚はそのままこの楽器への愛着に変わっていきます。
SPECIFICATION
BODY LIGHT ASH 2P
NECK MAPLE 1P
FINGER BOARD MADAGASCAR ROSEWOOD
SCALE 610mm
WIDTH AT NUT 42mm
RADIUS 280R
MACHINE HEADS GOTOH/SD91-05M
PICK UPS Bacchus/VM-5Fn(F),VM-6Fb(R)
BRIDGE ORIGINAL 3Way Bridge
CONTROLS 1Vol,1Tone,1Toggle
FINISH TOP LACQUER or OIL FINISH

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です