momose MST1-TW

久しぶりに更新しますね。。

広島のギタリストより機材の質問を受けたので書きたいと思います。
最近使用しているストラトについてです。

僕のギター歴の集大成的なギターですね。

僕はストラトが大好きで、今までにも何本か所有してきました。
ジャズでストラト?とよく言われるのですが、ストラトの攻撃的なサウンドと張りのある低音、3つのピックアップによる音色の多さ、魅力的なハーフトーン、アームなどなど。。。
ストラトの魅力を上げるとキリがありません。

レコーディングでもメインで活躍しているのがバッカスのストラトです。
そのギターのサウンドはCDでご確認ください!!笑

そして、僕が長い間信頼を寄せている楽器メーカーが、バッカスやヘッドウェイなどを抱えるディバイザーです!
ディバイザーの製品は本当に質が高く、信頼のできるメーカーです。
木材の持つ特性を熟知し、楽器全体が鳴る様な楽器を作るのが特徴ですね。
僕は、ヘッドウェイのアコギ、バッカスのストラト、モモセのストラトとテレキャスと合計5本所有しています。

よく日本製のギターと本家アメリカ製のギターを比較し『日本製が勝っている!』『本家アメリカ製がやっぱり上だね!』といった話がありますが
僕は全く別ものの様に思いますね。

もちろんディバイザーをはじめ多くの日本メーカーはフェンダーやギブソンのコピーモデルを作っています。
しかし、ストラトやレスポールといったギターはもはやスタンダードですし、日本製のギターは長い歴史の中で本家にない魅力を築き上げてきたように思います。

僕は日本人ですし日本人の考えや技には誇りを持っています。
ディバイザーのギターにはフェンダーに無い魅力がありますし、僕には凄く合っているように思います。
本当に繊細なんですよね!
綺麗な音をきちんと出力してくれる。雑味が無いのが特徴だと思います。

と、前置きが長くなってしましたが。。。

今回紹介するギターは【momose MST1-TW】です。
最近のギグで一番信頼しているギターです!

このギターの特徴はなんと言ってもネックの材にあるでしょう!
メイプルを180~240℃で加熱処理したサーモウッドという材を使用しています。

このサーモウッド処理は、もともと北欧で建材の寸法安定性向上の為に開発されました。
簡単に言うと、長い間水分の発散&吸収を繰り返し変化していく木材を、加工段階で極力水分を飛ばしてやろうという処理方法です。
ご察しのとおり、楽器に使用する事で新品ながらヴィンテージギターに近づける事ができ、ネックの反りなどにも強くなるわけです。

そんな馬鹿な!と思われるかもしれませんが。。。

これが本当に素晴らしいのです!!

僕はヴィンテージギターは51年製のGibson ES-175と64年製のFender MusicMasterを所有しています。
知人に62年製のストラトを借りていた期間もあります。

近年のギターとヴィンテージギターの違いは本当に大きく、あの独特の枯れた感じはヴィンテージにしかない魅力だと思っていました。

しかし、このサーモウッド処理のネックはヴィンテージのそれに似ていますね!
僕のmomoseの場合、ネックにしかサーモウッド処理されていないので、ボディの感じやピックアップの特性など本物のヴィンテージギターと違う感覚はありますが、
ネックの感触は極似しています!!

凄く気に入っているギターです。

ストラト、momose、ヴィンテージに近づけたサーモウッド処理、これまで僕が良いと感じていた要素をギュ!と凝縮した様なギターです!!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です